今週のランキング

35度を超える猛暑日や台風など、厳しい気候が続いている最近。そんな時だからこそ、涼しげに見える着こなしで爽やかにオシャレを楽しみたいですよね。

ブラックアイテムを取り入れたコーデが目立った今週は、夏でも重たく見せないコツが学べるスタイリングが満載!大人っぽく、デートにも合うブラックコーデをお手本に、いつもと違う着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか?

7位

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
AYA(ESPERANZA 町田109店)
159 cm

ブラックの半袖Tシャツにホワイトの太めラインが入ったブラックワイドパンツ。それに加えて、レースアップスニーカーを合わせたスポーティーなブラックコーデ。

ブラック×スポーティーだけだとメンズライクな印象ですが、ホワイトのレースアップスニーカーを取り入れることで、女性らしく爽やかな雰囲気に変えていますね。

6位

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
AYA(ESPERANZA 町田109店)
159 cm

ホワイトのロゴTにブラックレギパンを合わせたコーデ。写真では見えにくいですが、コーデュロイ素材のチャンキーヒールがシンプルな着こなしを引き立てています。(もっと近くで靴を見たい方は、写真をクリックしてみてください。)

大きめのTシャツにレギパンを合わせることで、スッキリと女性らしい着こなしに。足元に深みのあるグリーンを選んだことで、定番のモノトーンコーデが新鮮に演出されています。

5位

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

ブラウンベージュのノースリーブトップスにブラックのサスペンダー付きパンツ、パイソン柄のインパクトあるフラットシューズを合わせたコーデ。

アースカラーのくすみ系の色味をトップスで取り入れる場合は、足元にコーデのアクセントとなるアイテムを選ぶのがおすすめ。インパクトのある柄やボリュームのある厚底など、気分に合わせてチョイスしてみて。

4位

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
shii (ESPERANZA 町田109店)
152 cm

女性の口元が描かれたインパクトのある半袖Tシャツに、裾がフリンジになっているデニムと合わせたコーデ。Tシャツのデザインも相まって、90’sっぽくレトロな装いに仕上がっています。

トップスのリップと靴のカラーを同系色でまとめると、POPな中にも大人っぽさを感じるコーデに。Tシャツ×デニムのカジュアルスタイルも、足元をインパクトのあるパンプスと合わせることでこなれた印象に仕上げていますね。

3位

5

出典: shoedinate.com
-staff info-
ai. (ESPERANZA広島パルコ店)
157 cm

ブラックの半袖ワンピースにデニムをレイヤードし、メタリックゴールドのウエッジサンダルを合わせたコーデ。

写真では見えにくいですが、こちらのサンダルはジュート素材で柄が入っているので、シンプルな着こなしのアクセントになってくれます。(もっと近くで靴を見たい方は、写真をクリックしてみてください。)

トップスもボトムスも無地×ダークカラーの場合は、ぜひメタリックなカラーを足元に取り入れてみて。華やかな印象を演出してくれます。

2位

6

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

ブラックのノースリーブオールインワンに、グリーンの厚底サンダルを合わせたコーデ。さらっと着こなせるオールインワンは、足元で印象を変えることができる便利なアイテムで、夏のデートコーデにおすすめの1着です。

足元は6位のコーデでも履いていたサンダルですが、合わせるアイテムで大きく印象が変わりますね。今の時期から秋まで楽しめるデザインなので、1足持っておくと便利なアイテムですよ。

1位

7

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA 渋谷109店)
156 cm

半袖のタイトなトップスにレース素材のワイドパンツ、ヌーディなサンダルを合わせたコーデ。6位と2位で履いていたコーデュロイ厚底サンダルの色違いで、厚底ヒールがスタイルUPな着こなしを演出しています。

トップス・ボトムス共にブラックですが、重たく感じないのはレース素材とヌーディなサンダルのおかげ。この組み合わせは大人っぽくて涼しげな印象を醸し出すことができますので、ぜひ参考にしてスタイリングを組んでみてくださいね。

ブラックで涼しげ夏コーデを楽しもう!

夏にブラックコーデを楽しむのがトレンドになっている最近。重たい印象にならないようにバランスよく楽しむには、ポイントを押さえるのが重要です。

ランキングに登場するスタッフの選んだアイテムの素材感やサンダルのカラー、肌見せなどは軽やかさを演出する上でとても参考になります。バランスの取れたコーデ術を真似して、ぜひ夏のブラックコーデを楽しんでみてくださいね。