印象に残るオシャレなコーデに♡一癖トップスが使えるって噂!

今年はボリュームのあるスリーブや、抜き襟シャツなど、特徴的なデザインのトップスが多く登場しています。

NEXTトレンドとして注目されているのが、ウエストマークやアシンメトリーの1枚など、ちょっと一癖あるデザイン。自然とシンプルな着こなしが増える夏、特徴的なデザイントップスは、コーデの幅を大きく広げてくれます。

そこで今回は、一癖あるデザイントップスを使ったコーデをお届け!ぜひ参考にしてあなたもさらっと着こなしてカッコよく、印象に残るコーデをつくってみてくださいね♡

1枚でメリハリ上手が叶うウエストマーク

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
わたかな (ESPERANZA福岡天神コア店)
155 cm

ブラックのシンプルなノースリーブかと思いきや、ウエストのリボンがメリハリあるボディラインを演出してくれる一癖トップス。シンプルだけど”トレンド感”ある1枚は、スキニーデニムとパンプスを合わせたタイトなシルエットで着こなすと、大人っぽさが際立ちます。

デニムのカラーはブリーチが効いた1本を選び、パンプスもイエローなどの明るいカラーにすることで、シーズンムードな着こなしに。反対にワイドパンツとサンダルを合わせると、 “リラックス感”ある大人カジュアルにも変化させられますよ。

Tシャツ+レースの異素材ミックス

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
yucco (ESPERANZA鹿児島109店)
153 cm

Tシャツの袖がレース素材に切り替わった一癖トップスには、クラッシュデニムを合わせるのがベストチョイス。色のトーンもトップスに合わせて深みのあるカラーにすると、”統一感”を出すことができます。

足元は夏っぽさが目立つコルクソールのメタリックカラーを選び、明るさをプラスすると垢抜けたコーデが完成します!

シルエットが際立つアシンメトリー

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
ふみふみ (ESPERANZA熊本パルコ店)
158 cm

前と後ろの裾の長さが大きく違うアシンメトリーデザインになったひとくせトップス。袖に入ったブラックに合わせて黒スキニーと腕時計をカラーリンクさせれば、カッコいいけどシルエットが印象的なモノトーンコーデに。

トップスのふわっとフェミニンな雰囲気を活かして足元はパンプスにすると、モノトーンの中にも女性らしさを感じられる着こなしになりますよ。

ハンサムなパンチングレース

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
yucco (ESPERANZA鹿児島109店)
153 cm

パンチで穴を空けたようなデザインがオシャレなトップス。エスニックな雰囲気漂う1枚は着るだけで注目を集められるアイテム。クラッシュデニムに合わせて、さらりと着こなすと洗練された印象に。

足元は、パイソン柄とカーキのバランスが絶妙なミュールを合わせて女性らしさをプラス。大ぶりなピアスをつけてまとめ髪にしてもかわいいですよ。

一癖トップスを着こなすオシャレ猛者に

一癖トップスはコーデの方法によって、“やり過ぎ感”が出てしまうことも…。そうならないようにボトムスはカジュアルなアイテムを選び足元でバランスを調整すると、程よい着こなしができるはず。

ぜひ合わせ方を参考にして、一癖トップスを着こなせるオシャレ猛者になってみてはいかがでしょうか?