すっきり大人っぽく♡ファーアイテムの洗練コーデ術

早くも冬の肌寒さを感じ、厚手のコートが必須になってきた今日この頃。

秋冬に女子がかわいく見えるアイテムといえば、ふわっとした質感がたまらないファーアイテム♡

でも取り入れるアイテムや着こなしによっては、子供っぽく見えてしまうことがありますよね。そこで今回は大人っぽくファーを着こなす、洗練コーデ術をご紹介します。

トレンドのポイントファートップス

袖デザインでさりげなく楽しむ

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
tae(ESPERANZA渋谷109店)
155cm

ファーを大人っぽく取り入れたいなら、今季トレンドのポイントファートップスがおすすめ。

袖だけのデザインなどポイントでファーを取り入れることで着太りを防げる上、スタイリッシュな着こなしが簡単に叶います。

袖にボリュームがある分、ボトムスはタイトなシルエットを選ぶのがポイント。パンツとブーツのカラーを揃えると下半身がすっきりと見え、バランスの取れたコーデに仕上がります。

全身の配色で大人っぽい着こなしに

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ(ESPERANZA渋谷109店)
156cm

黒やネイビーと比べ、子供っぽい印象がどうしても増してしまう、白のファーアイテム。全身の配色バランスや着こなしのテイストに気をつければ、洗練された着こなしを演出できます。

シャギーファーの質感がかわいいニットは、黒スキニーにマニッシュなシューズでハンサムなスタイリングに。ニットがかわいい印象な分、着こなしをメンズライクにまとめることで、スタイリッシュなコーデが完成します。

面積の少ないプラスファーアイテム

ファービスチェで最旬の着こなしに

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
みずき(ESPERANZA福岡天神コア店)
160 cm

スタイリッシュにファーを着こなすには、ファーの面積を抑えることが重要。ニット同様、ポイントでファーを取り入れられる「ファービスチェ」は、使い勝手がよく着回し力も抜群です。

ビスチェ以外を全て黒で統一することでファーの着太りも気にならず、すっきりとした着こなしに。細ベルトでウエストマークすることで、さりげなくコーデにメリハリを演出できます。

ワイドパンツを履いてシューズと色を揃えたい場合は、素肌がチラリとのぞくセパレートタイプのパンプスを合わせると◎。素肌感のおかげで、オールブラックの重さを軽減できます。

ファーベストは“抜け感”シャツでアップデート

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
tae(ESPERANZA渋谷109店)
155cm

どこか懐かしさを感じる「ファーベスト」も、プラスワンでファーを楽しめるアイテム。

定番ではありますが、着こなしを1歩間違うと”ひと昔前”の印象に見えてしまうのがネック。そこで、合わせるアイテムのディテールや、シルエットでトレンド感を演出するよう心がけると◎。

オーバーサイズ×フレア袖のシャツを合わせれば”抜け感”のある、今っぽいスタイリングを楽しめます。

ファーコーデは欲張らないのが成功の秘訣

ふわっとした質感がかわいいファーは素材にボリュームがある分、ポイントで取り入れると洗練された着こなしが叶います。

洋服はもちろん、シューズやアクセサリーなど小物で取り入れるのもおすすめですよ。

今年は欲張らないオシャレで、ワンランク上のスタイリッシュなファーコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?