今週のランキング

寒さが一段と増して、冬らしい素材のアイテムが登場する機会も増えてきました。冬の寒さを感じると、暖かい素材を活かした着こなしをしたくなるもの。でもこう毎日寒いと、スタイリングのマンネリも早く訪れてしまいがち。

そこで今週のランキングではニットやファーアイテムなど、冬を感じる素材を活かしたマンネリしない着こなしをご紹介していきます。

ぜひ参考にして、自分のワードローブから新しいコーディネートを生み出してみてくださいね!

10位

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
7(ESPERANZAららぽーと和泉店)
157 cm

ビッグサイズの白トップスをスキニーにインし、足元はレースアップブーツをあわせたコーデ。ウエストをベルトでマークし、インすることでコーデに“スッキリ感”を生み出しています。

トップスのボリュームに負けないよう、レースアップでインパクトある足元にすれば、バランスのとれたコーデが完成します。

9位

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
shii (ESPERANZA渋谷109店)
152 cm

フリンジのついたオーバーサイズのグレーニットに明るめカラーのスキニー、足元にはワインレッドのストラップ付きパンプスをあわせた大人カジュアルなコーデ。

深みのあるカラーのパンプスを着こなすときには、洋服を明るめのトーンでまとめ、リップは足元にあわせるとまとまりのあるコーデになりますよ。

8位

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
みずき (ESPERANZA福岡天神コア店)
160 cm

カーキカラーのシャツワンピを、ボタンを大きく開けて着こなした“抜け感”あるコーデ。インナー、ベルト、ボトムス、パンプスもブラックにまとめることで統一感のあるコーデになっています。

こんなパンチのある着こなしには、ひとクセあるパンプスをあわせるのがおすすめです。

7位

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

グレンチェックのオーバーサイズシャツに黒のファービスチェ、黒スキニー、スパイクヒールの黒パンプスをあわせたコーデ。モノトーンコーデながら、ファービスチェのトレンド感やスパイクヒールのインパクトがあるので、“マンネリ感”から脱却できる着こなしになっています。

こんな風に素材感に違いのあるアイテムでまとめると、いつもと違う印象を与えることができますよ。

6位

5

出典: shoedinate.com
-staff info-
わたかな (ESPERANZA福岡天神コア店)
155 cm

オールブラックでカッコよさが際立つコーデ。ファートップスにスキニー、ポインテッドトゥのパンプス、まとめ髪でスッキリまとめるとファーの素材感やパンプスのインパクトが効いてきます。

いつもより引き算して“こなれ感”のあるコーデが完成します。

5位

6

出典: shoedinate.com
-staff info-
shii (ESPERANZA渋谷109店)
152 cm

インパクトある柄が特徴的なニットにダメージスキニー、チャンキーヒールのローファーをあわせたコーデ。トップスの印象に負けないベルトが際立つアイテムで、全体のバランスを調整できます。

4位

7

出典: shoedinate.com
-staff info-
asami (ESPERANZA広島パルコ店)
158 cm

袖にファーがついたグレーのオーバーサイズニットに黒の切りっぱなしスキニー、オークカラーのショートブーツをあわせたコーデ。

ボリューム感あるトップスには、ボトムス&足元をタイトにまとめるスタイリングがおすすめ。ショートブーツは金具つきなど、アクセントあるデザインを選ぶと、よりかわいい着こなしになりますよ。

3位

8

出典: shoedinate.com
-staff info-
わたかな (ESPERANZA福岡天神コア店)
155 cm

“ボリューム感”のある白タートルニットにスキニー、カーキのMA-1ブルゾンを羽織り、チャンキーヒールローファーをあわせたコーデ。

ローファーを選んでマスキュリンなスタイルにすることで、逆に女性らしさが際立つコーデになっています。

また、コーデが重たく見えがちな冬には、このコーデのように白を取り入れるとかわいさもプラスできます。

2位

9

出典: shoedinate.com
-staff info-
tae (ESPERANZA渋谷109店)
155 cm

先週に引き続きランクインしたミニオンのハロウィンコーデ。ショート丈のサロペットで大胆な脚見せをしているので、とてもインパクトがありますね。

足元をホワイトブーツにしていることで、鮮やかなイエローを目立たせ、高いヒールでスタイルアップも叶う着こなしになっています。

1位

10

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

黒地にカラフルな花柄をあしらったトップスに黒ブルゾン、黒のミニスカート、タンクソールの黒ショートブーツをあわせたブラックコーデ。全身黒でまとめていますが、インナーの花柄と脚見せで“抜け感”ある着こなしに。

ブルゾンを肩出しして着るのも、今年っぽさを感じるスタイリングになっていますね。

着こなしでマンネリしないコーデに

同じアイテムや素材でも、着こなし方次第でマンネリしないコーデを作ることができます。

毎年同じようなコーデをしてしまうというあなたは、ぜひこちらを参考にしてコーデを組み立ててみてくださいね。