今週のランキング

暖かい日と寒い日が交互に訪れるなど、気候が変わりやすい季節になってきました。気温差のある時期は、お出かけ前のコーデに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

「寒い中でもしっかりオシャレを楽しみたい!」「春っぽい華やかさを与えたい」という方のために、参考にしたくなるスタッフコーデをご紹介します。季節の変わり目の着こなし術を、ぜひ身につけてみてくださいね。

8位

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

白のオフショルトップスをインディゴカラーのワイドデニムパンツにインして、ポインテッドトゥパンプスを合わせた大人コーデ。

ふわふわしたギャザー、そしてスリーブにスリットの入ったデザイントップスと、足元の大人っぽさが絶妙なバランスで上品なカジュアルコーデに仕上がっています。

7位

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
asami (ESPERANZA広島パルコ店)
158 cm

タイトなラインパンツに黒スウェット、メッセージの入ったプラットフォームサンダルを合わせたコーデ。

すべてをモノトーンにしていることで、子供っぽく見えてしまうアイテムを”こなれ感”のある印象に演出できています。

6位

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

明るいカラーのトップスに黒ジョガー、パイソン柄のローファーパンプスでスッキリ洗練されたコーデに。(もっと靴を近くで見たい方は、写真をクリックしてください)

トップスと色味を合わせて落ち着いた配色にし、大人カジュアルなスタイルを完成させています。

5位

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
tsukasa(ESPERANZA熊本パルコ店)
158 cm

黒地にレトロな花柄が描かれたシャツを黒のワイドパンツにインして、黒のローファーパンプスをあわせたコーデ。

黒ベースの着こなしでも花柄を取り入れたことで、華やかな印象を演出できています。素足に履くことで“抜け感”を出し、黒の重たさを感じないコーデになっていますね。

4位

5

出典: shoedinate.com
-staff info-
shii (ESPERANZA渋谷109店)
152 cm

ベージュカラーのリブニットにダメージデニム、セパレートパンプスを合わせた大人カジュアルコーデ。リブニットはボリュームのあるスリーブで、女性らしさを際立ちます。

ストラップ付きのパンプスを合わせるなら、ロールアップして脚をキレイに見せるのがおすすめです。

3位

6

出典: shoedinate.com
-staff info-
m (ESPERANZAアミュプラザおおいた店)
160 cm

デニムカラーのシャツに黒ベストをレイヤードして、黒のパンツ・パンプスを合わせたコーデ。ストラップが見えるように少し短め丈のボトムスを合わせると、“抜け感”を演出できます。

写真では見えないのですが、こちらのパンプスはヒールと“かかと部分”に白ラインが入っており、後ろ姿が印象的でオシャレ。

黒を多く使ったコーデだからこそ、この白ラインがとてもいいアクセントになってくれます。(もっと靴を近くで見たい方は、写真をクリックしてください)

2位

7

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

黒地に白の花柄トップス、ダメージスキニーにベージュのパンプス、白のロングカーデを合わせたキレイめカジュアルコーデ。

このパンプス、よく見るとサイド(かかとの少し前)部分にフラワーカットが入ったデザイン。履くだけで、カットの曲線が女性らしさを際立たせてくれますよ。(もっと靴を近くで見たい方は、写真をクリックしてください)

1位

8

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

グレーのトップスにインディゴカラーのストレートデニム、星柄のパンプスにキャスケットを合わせたコーデ。(もっと靴を近くで見たい方は、写真をクリックしてください)

シンプルなデニムスタイルに遊びゴコロのある星柄パンプスを取り入れれば、大人っぽくもかわいらしい着こなしになりますよ。

春に向けてコーデを幅広く学ぼう!

今までチャレンジしたことのない柄物や変わったデザインをベーシックな着こなしに取り入れたり、肌見せで“抜け感”を出したりすることで、一気に垢抜けた印象を作ることができます。

季節の変わり目のコーデに悩んでいた方、ぜひご紹介したテクニックを取り入れて、新たなスタイルを発掘してみてくださいね。