今週のランキング

春の訪れを感じたと思えば、また冬の寒さが戻るなど、複雑な天候が続くこの時期。そんな季節に活躍するのがデニムやスキニー、ワイドパンツなどのパンツスタイルです。

今週のランキングは何とすべてがパンツスタイル。朝晩は肌寒い、あるいは冬に逆戻りの気候でも元気に乗り切れるパンツスタイルのコーデをたくさんご紹介します。

ぜひあなたのコーデレパートリーに加えてみて♡

9位

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
みずき (ESPERANZA福岡天神コア店)
160 cm

上下ともにゆるっとしたシルエットで、ラフな着こなしに仕上がっているカジュアルコーデ。トップスは赤、ボトムスはライトブルーという春の訪れを感じさせる配色になっています。

このコーデのようにラフな着こなしの足元は、“抜け感”が大切。コルクの厚底ミュールで軽やかに仕上げましょう。トレンドのコルクサンダルを投入するだけで、垢抜けたコーデが完成しますよ。

8位

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
m (ESPERANZAアミュプラザおおいた店)
160 cm

カーキカラーのシャツに白の切りっぱなしインナー、黒のパンツ、グレーのパンプスを合わせたコーデ。大きめシルエットのシャツは腕まくりすることで、スッキリとした着こなしに見せているのがポイントですね。

アイテムがメンズライクでも、首・手首・足首を見せることで、女性らしさを感じる着こなしが叶います。

7位

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
Nazuna Hatanaka(ESPERANZA小倉アミュ店)
158cm

黒トップスにくすみカラーの切りっぱなしデニム、厚底ローファーを合わせたコーデ。

あえて色味を抑えてメンズライクなテイストにまとめ、落ち着いた雰囲気を演出しているのがオシャレです。

切りっぱなしの裾からのぞかせた肌が、重たくなりがちなコーデを絶妙なバランスでまとめてくれています。

6位

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
わたかな (ESPERANZA福岡天神コア店)
155 cm

袖がフリンジデザインになったショート丈ニットにスキニーデニム、ブラックのセパレートパンプスを合わせたコーデ。

トップスをショート丈にすることで、ウエスト位置が高く見えて脚長効果も狙えます。

またボトムスも短めにすることで、ストラップパンプスを合わせてもバランスよく仕上げることができます。バランスのとり方が秀逸ですね。

5位

5

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

ストライプ柄のオフショルをワイドデニムパンツにINして、コルクウェッジサンダルをあわせたコーデ。

ワイドパンツがビッグサイズな分、オフショルとサンダルで“抜け感”を出すのがポイントです。

ワイドデニムパンツは切りっぱなしをロールアップして履くと、全体のバランスが取れるのでおすすめですよ。

4位

6

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

黒のトップスをインディゴのストレートデニムにINし、星柄のウェッジソールがかわいいサンダルを合わせたコーデ。

コーデがダークカラーなので足元はメタリックなシルバーカラーを選べば、一気に“抜け感”のある着こなしが作れます。

3位

7

出典: shoedinate.com
-staff info-
みずき (ESPERANZA福岡天神コア店)
160 cm

黒いトップスにウォッシュ感のあるワイドデニム、グレーのパンプスを合わせたコーデ。

トップスは腕の部分がレースになった“抜け感”あるデザインを選び、足元にもヌーディなカラーを選んだことで、大人っぽく色っぽい着こなしが実現しています。

レースならブラックでも重たくならないので、春コーデにおすすめですよ。

2位

8

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

シャツのボタンを大きく開けてオフショルのように着こなし、ラインパンツ、黒パンプスを合わせたコーデ。

モノトーンカラーでも適度な肌見せ、ラインパンツなどを取り入れることでトレンド感のあるオシャレな装いになっています。

1位

9

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

春アウターの“代名詞”的アイテム、トレンチコート。トレンチコートを目立たせたいなら、インナーはモノトーンにまとめるのがおすすめです。

しかし、ベージュのトレンチコート×モノトーンコーデでは色が足りず、少し寂しい印象に。そんなときは足元にピンクベージュのラインストーンパンプスを合わせてみて。程よいアクセントになってくれますよ。(もっと靴を近くで見たい方は、写真をクリックしてください)

パンツスタイルで変化する気候を乗り切ろう

オシャレを楽しみながら気候に合った服装をしたいなら、温度変化にも対応できるパンツスタイルがおすすめ。

気温差が激しい時期でもボトムスをパンツにして羽織ものなどで対応すれば、体調を崩すことも少なくなるはず♡

パンプスやサンダルとの合わせ方、“丈感”や色の使い方を学んで、トレンドライクな着こなしを楽しんでみてくださいね。