今週のランキング

どんどん気温が上昇し、街中ではサンダルコーデが多くみられていますね。しかし、毎日サンダルを履いているといつも同じようなコーデに見えてしまう…といったお悩みはありませんか?

そんなときこそ、サンダルと全体コーデのバランスを考え直すタイミングです!ソールの形や高さ・デザイン・カラーの選び方などが、オシャレで垢抜けて見えるコーデのキーポイント。

参考になるスタッフコーデをご紹介しますので、夏のサンダルコーデを考えてみてくださいね♡

8位

1

出典: shoedinate.com
-staff info-
m (ESPERANZAアミュプラザおおいた店)
160 cm

“かがりステッチ”が印象的なコルクウエッジサンダルを合わせたコーデ。

フレアスリーブで広がったシルエットをスキニーで引き締め、コルクウエッジのタイトな印象を取り入れることで、全体バランスの取れた着こなしに仕上げているのがポイントです。

スキニーをロールアップして、“かがりステッチ”を目立たせる工夫が光っています。

7位

2

出典: shoedinate.com
-staff info-
ai. (ESPERANZA広島パルコ店)
157 cm

黒の半袖トップスをテラコッタカラーのハイウエストボトムにINし、ゴールドのウエッジサンダルを合わせたコーデ。

テラコッタカラーとゴールドを選んだことで、夏の雰囲気をまとう配色の着こなしが完成しています。

肌なじみのよいカラーに黒を合わせることで、大人っぽい印象のキレイめな夏コーデが作れます。ぜひ配色を参考にしてみてくださいね。

6位

3

出典: shoedinate.com
-staff info-
shii (ESPERANZA レミィ町田店)
152 cm

まぶしいオレンジカラーの開襟シャツに、グレー×ホワイトチェック柄のワイドパンツ、ハイヒールのホワイトミュールを合わせたコーデ。

目を引くオレンジカラーに落ち着きのあるグレーを選んで大人っぽい印象です。パンツの柄に入ったホワイトをミュールの色と合わせることで、トータルバランスのよい着こなしになっていますね。

上下共にゆるめのシルエットなので、タイトかつ高さのある1足を合わせれば、スタイルアップが叶うコーデになりますよ。

5位

4

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

白トップスに黒コルセット、ストレートデニムに赤のダブルストラップミュールを合わせたコーディネート。

トリコロールカラー(青・白・赤)のシンプルなアイテムの中に黒コルセットを取り入れることで、引き締まった印象の大人っぽい着こなしに仕上がっています。

デニムをあえてストレートにすることで、リラクシーさも楽しめる夏コーデになっているのがポイントです。

4位

5

出典: shoedinate.com
-staff info-
OSM (ESPERANZA広島パルコ店)
165 cm

黒の長袖トップスを7分丈にまくって、ベージュのワイドパンツ、厚底サンダルに合わせたコーデ。

黒とベージュのシンプルなカラーに、シルバーの厚底×クロスストラップサンダルを合わせたことで、シルエットもカラーもバランスのよい着こなしに仕上がっています。

スポーティーなサンダルでも、着こなし次第でキレイめにもカジュアルにも使えるのでおすすめです。

3位

6

出典: shoedinate.com
-staff info-
ai. (ESPERANZA広島パルコ店)
157 cm

黒トップスにテラコッタカラーのハイウエストパンツ、ブラックの厚底サンダルを合わせたコーデ。

ボトムスはロールアップして、インパクトのあるサンダルとバランスを取るのがポイント。

こちらの1足は、4位にも登場したスポーティーなサンダルの色違い。ソールの高さが7cmあるのでスタイルアップも期待できます。スポーティーなデザインですが、キレイめなコーデにもしっくりと合うのがうれしいですね。

2位

7

出典: shoedinate.com
-staff info-
AYA(ESPERANZA レミィ町田店)
159 cm

白のロゴトップスをデニムワイドパンツにINし、シルバーのウエッジサンダルを合わせたコーデ。

ワイドデニムはウエスト周りはタイトで、裾に向かってだんだんと広がっていくデザインになっており、コンパクトなトップスとも相性バツグン。

サンダルのインパクトあるカラーを見せて着るようにすると、バランスのよい配色が楽しめますよ。

1位

8

出典: shoedinate.com
-staff info-
ななちむ (ESPERANZA渋谷109店)
156 cm

黒のオフショルトップスに黒のアンクルパンツ、ターコイズ×パイソン柄のサンダルを合わせたコーデ。

上下を黒にして色を抑えることで、サンダルのカラーと柄がより目立つ着こなしになっています。

サンダルのタイトなシルエットに合わせて、オフショルをINするとバランスのよいコーデが完成しますよ。

トータルバランスで夏コーデを楽しもう

サンダルのシルエットやカラーは様々な種類がありますが、「実は同じようなアイテムしか買っていなかった」ということはありませんか?

知らぬ間にファッションはパターン化してくるもの。今年は少し勇気を振り絞って、いつもと違ったデザインやカラーに挑戦してみて。

着慣れたアイテムが新鮮に見えるのはもちろん、ファッション偏差値が上がって、トータルバランスのよいコーディネートを組めるようになりますよ。

ご紹介した着こなしを参考に、ワンランク上のオシャレに挑戦してみてくださいね。